読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365日夫婦喧嘩をしないチャレンジ1日目

子供が生まれて幸せな日々を送っている。

 

妻にも子供にも誤解が生じないようにこれだけは言っておく。

 

とても幸せな日常を送っている。

この妻と結婚して良かった。本当に子供に恵まれて良かった。

本心である。

 

しかし、出産後、夫婦喧嘩が急増。

 

昔は許せたことが許せない。

昔は許されたことが許されない。

ちょっとした冗談から育児論、家計に関してまで、色んなことが火種となりえる。

お互いにすぐイライラしてしまう。

週に1回は冷戦状態。

 

産後クライシスとはこのことか。

 

産後クライシスについて以下の書籍を読み、理解するように努めた。以下amazonリンク

産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート<産後が始まった!>

 

NHKスペシャル ママたちが非常事態! ? 夜泣き・イヤイヤ・人見知りにも理由があった! 最新科学でハッピー子育て (教養・文化シリーズ)

 

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

 

「産後の妻がどんなに大変か。ホルモンバランスのレベルで身体が変わっているのだ。それが精神にも当然影響を与える。本人の性格が悪くなったんじゃない。

夫に出来ることは妻をサポートすること。自分に出来ることをやること。包容力を持って安心させてあげること。」

 

頭ではわかった。しかし実行が難しい。

いざとなると、頭で理解していても、急にイライラされると、こちらもムッとしてしまい冷戦状態。

わかってはいるんだが、「こっちもストレスフルな仕事をしてボロボロで帰ってきているんだ、それも理解してほしい」そんな思いが湧いて出る。

そしてイライラをぶつけて合ってしまい、その後自己反省。

 

そんな僕を救ってくれたのが、この本でした!!!などというつもりは無いが、この本を読んでみて少し気が楽になった。以下amazonリンク

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

 

(ちなみに産後の本では全然ない。)

 

そもそも反応しすぎだったのかなと。

妻の気持ちの浮き沈みや自分に対する態度に対して。

産後クライシスについて理解をして、夫としてどう接すればいいのかも理解して、それでも妻のイライラに対して寛大になれない。これはもう産後とか何とかの問題じゃなくて、自分の人間性というか器の問題が多いんだろう。

実際に、産後イライラしている妻を温かく支えている旦那さんは世に溢れている。

そして、僕は元々かなりの短気。人の評価を気にし過ぎ。反応しすぎだったんだ。

 

上記の本を読んで「反応し過ぎの自分」という捉え方がかなり腑に落ちたので、反応しない練習を日々していこうと思う。

 

 

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓います。」

 

この言葉は想像以上に重く有難いお言葉だったんだなーと産後の夫婦喧嘩急増を経験して思う。ここらで仕切りなおして、もう一度この言葉を胸に頑張っていこう。

 

ということで、365日夫婦喧嘩をしないチャレンジ開始。